HOME > 熱い気持ち

熱い気持ち

熱い気持ちシリーズ

来年も宜しくお願い致します

来年も宜しくお願い致します

みなさん、ご無沙汰しております。
今年は、おかげさまで忙しくお仕事させて頂き、なかなかHPの更新が出来なくてすみません。

しかし、今年もみなさんに見て頂きたい『車庫』・『倉庫』・『デッキ・ガレージ』・『中二階』などの施工事例があります。
とりあえず、最新情報として写真をUPしていきます。(詳細は来年になりますが・・・)
2013年も、より良い生活空間を活用して頂きたく、お客様のニーズにお応え出来るようにガンバっていきたいです。

今年も、あとわずかとなりましたが本当にこの一年間多くのお客様が、私達のHPを見て頂き、誠にありがとうございます。
来年は、情報満載にお届け出来るようにより一層努力していきますので、今後とも弊社HPをご覧ください。

新しい気持ち

デッキ・ガレージの写真

私達レフスは、新しいホームページを作り、新しい気持ちで、日々仕事に取り組んでいる状況です。

はじめて連絡を頂いた御客様から、倉庫の計画やデッキ・ガレージの計画があり、打ち合わせなどをシッカリさせて頂き、工事に入るという流れですが、何度かの打ち合わせの途中で、御客様とのコミュニケーションもとれ、色々と話しがはずむ時があります。
その中で御客様からこんな声を伺いました。

「初めて電話連絡(お問合わせ)した時は、緊張しましたよっ」と聞きました・・・
実は、弊社担当の者もいつも心臓バクバクだそうです(笑)と話すと「そうなんですか?」とよく言われます。実は本当の事です。
時には緊張しすぎて、御客様との会話が噛み合わなかったり、お名前を伺うのを忘れたり、テンパリすぎて電話ごしに何度も頭を下げたり、究極は「そうでございます」と言うはずが「そうでござる」と言ってしまい、顔を真赤にしていました。
など私達もいつも緊張して御客様との対応をして日々失敗から勉強しています。

まだまだ未熟な会社ですが、とにかく社員一同精一杯の対応を心掛けておりますので、お気軽にお問合わせ下さい。

仕事や出会い

仕事や出会い

私達、有限会社レフスは、毎日新しい仕事や出会いを大切にしていきたいと思っています。
そんな中で、建築の仕事は毎回新しい話であり、同じ物はほとんどありません。毎回、難しい建物や状況であるが為に、やりがいはあります。時に、「そんなこと、できるのかなあ?」と不安な事もありますが、そんな時こそ仲間と共に議論し、解決していけるような環境を作っています。(ちなみに仲間とは、社員や協力会社の事です。)

レフスには、仕事や趣味に対する熱い話をする者が多く、そのせいか話が長くなる担当者もいます。
そんな担当者たちが、今までに営業で経験してきた最も大切にしている事があります。
それは「言葉」です。言葉の使い方を間違えれば誤解されたり、言いすぎれば軽く見られたりもします。その言葉の大切さを私達は、仲間にも伝えます。
人と会話をする時に、言葉でどれだけリアルに話ができるか。
写真や図面、絵なども取り入れるが、”いざ”という時には、やはり言葉しか説明することが出来ないと私達は思うのです。
だから言葉を大切にした会社を目指し、ともに目指す仲間と、新しい出会いを大切に出来るような、そんな会社でありたいと思います。